コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

株式会社MTGの社長である松下剛さんの人物像に迫る

株式会社MTGの社長である松下剛さんという名前だけですと、いまいちピンとこない方も多いかも知れませんが、SIXPADや美容ローラーのReFaなどを知らない方はいません。こちらのページでは、株式会社MTGのこれまでの歩みと共に社長である松下剛さんの人物像にスポットをあててご紹介していこうと思います。

■株式会社MTGとはどんな会社なのか
こちらの会社がどのような会社なのかというと、いわゆるブランド開発カンパニーになります。一般的な企業ですとひとつの会社で様々なコンセプトの商品なりサービスを提供していきますが、こちらの会社の場合には、そのコンセプトや商品ごとにグループ企業を立ち上げて商品やサービスを提供しております。その為、美容ローラーのReFaやSIXPADなどを知っていたとしても、代表となるこちらの企業の名前を知らないといった状況が起こってしまうのです。

こちらの企業理念となっている「一人ひかる 皆ひかる 何もかもひかる」という言葉は、従業員の方の頑張りが、会社だけでなくユーザーやその業界を明るく活気があるものに変えていくといった意味があります。こちらの企業の代表でもある松下剛さんは、京セラの創業者として知られている稲盛さんの盛和塾の塾生という事もあり、しっかりとしたフィロソフィを中心に経営しております。

■松下剛さんの人物像
松下剛さんは、10歳のころからとにかく自分自身で稼ぎたいと思っていました。それは、松下さんが養子という事が強く影響しております。中学の頃になると稼ぎたいといった漠然とした目標が、会社を経営したいといった具体的な目標に変わります。中学生の頃には、すでに自社で一緒に働こうと同じ中学校の仲間を誘っていたようです。

いまでこそ美容と健康に特価したブランド造りが長けていることでしられている松下さんも、最初に社長として輝き始めたのは、23歳の時の中古車販売だったそうです。中古車販売が軌道にのった25歳の時には、自社製品を販売するなどして話題となりました。その後は、当時の社名であった「株式会社エムティージー」から、今の株式会社MTGへと社名の変更を行ったり、中古車販売と並行して水の宅配サービスなども手掛けるようになりました。

■松下剛さんが大成功した要因
松下さんが事業において大きな利益を出せるようになった要因といたしましては、ブランド開発カンパニーという事業ビジョンにあると思います。一般的な企業が企画、開発、設計、生産、製造などを行う事にたいして、こちらの企業では、企画、開発、設計の三つに特化した会社となっております。住み分けることによって、身軽になり色々な事にチャレンジできるようになっているのです。

また、単に商品を開発するだけでなく、その商品に同業他社が開発した商品にはないインパクトや付加価値をつけることが上手であるというのも、こちらの企業が大成功した要因となっております。 東京証券取引所マザーズ市場に上場したという事もあり、これからも国内外から多くの期待が寄せられる企業となっております。

松下剛の記事一覧 | WWD JAPAN.com