コインチェックとは?

Coincheckは国内取引所の一つです。
スペックやサポートの充実性から、仮想通貨の取引を行う初心者の方におすすめの取引所となっています。

Coincheckは2018年に大規模なハッキングを受けており、利用者のコインが盗まれるという事態に陥りました。

その後、失ったコイン分は保証し、東証一部上場企業「マネックスグループ株式会社」に買収される流れとなりました。

事件を踏まえて、セキュリティを大幅に向上させサービスを再開し、現在に至ります。

頻繁に口座開設のキャンペーンを行っているので、口座開設だけやってみてもお得です。

引用:Coincheck

取り扱い通貨の種類

コインチェックで取り扱っている通貨の種類は下記の通りです(2023年6月現在)

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
サンド(SAND)
ポルカドット(DOT)
フィナンシェトークン(FNCT)
チリーズ(CHZ)
チェーンリンク(LINK)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
表引用:https://coincheck.com/ja/article/23#i1

コインチェックでの取り扱い通貨の種類は、ビットコイン(BTC)を始めとした約20種類程度(今後増減の可能性もあり)。

約500円から購入可能なことに加え、最短10秒でスマホから購入な利便性が特徴です。

取り扱っているコイン数が多く、取引も素早く行えることから、初心者から上級者まで多くの人が愛用しています。

また、アプリのUIUXが使いやすい点もポイントです。

その他の機能・サービス

コインチェックは暗号資産の積み立てサービスを行っています。

長期的な通貨の取引や、安定的な取引投資を行いたい方にも向いています。

コインチェックの始め方・登録方法

Coincheckで仮想通貨の取引を開始するにはアカウント作成+口座開設の必要があります。

これから投資を始めたいと思っている方に向けてですが、何か投資を始めようと思ったら、口座開設はセットだと思った方が良いです。

株やFXに限った話ではありません。

仮想通貨は、システム的に口座開設が必要になりますが、他の投資でも同じようなことが言えます。

コインチェックで口座開設する方法

アプリのダウンロード

まずはCoincheckのアプリをダウンロードしましょう。

下記よりダウンロードが可能です。

アカウント作成

ダウンロードしたアプリから「会員登録」のタブをタップし、メールアドレスを登録して、アカウント登録完了です。

本人確認

アカウント登録が完了したら、本人確認をします。本人確認は、18歳以上であることが必須です。また、本人確認書類(免許証や保険証など)を手元に準備しておきましょう。自分の顔と、書類をカメラで撮影し、本人確認完了です。

必ず二段階認証をしましょう!

コインチェックでは、第三者からの不正なアクセスを防止するために二段階認証が採用されています。

アプリ内から二段階認証を行うことができるので、必ず設定しておきましょう。

よくある質問FAQ

公式ページにもあるよくある質問を乗せておきます。ご参考になさってください。

口座開設の流れ

1.アプリダウンロード・新規アカウント作成

2.氏名、住所などの記入

3.本人確認書類の提出

口座開設の費用

口座開設に係る費用は無料です。

売買できるまでの時間

最短でよく営業日に売買可能。